『フィーリングGoodハンドブック』、デビッドD.バーンズ (良いコミュニケーションと悪いコミュニケーション)②

2016年12月9日(金) 『フィーリングGoodハンドブック』、デビッドD.バーンズ、星和書店、2005 第4部 共に気分が良くなる方法:より良いコミュニケーションを通じてどうやって関係を強化するか 第18章 良いコミュニケーションと悪いコミュニケーション(p479-496) 引用+kurage0147130:p481-485: 「 ~最近、テッドはバミュー…

続きを読む

『フィーリングGoodハンドブック』、デビッドD.バーンズ (良いコミュニケーションと悪いコミュニケーション)(悪いコミュニケーションの特徴)

2016年12月8日(木) 『フィーリングGoodハンドブック』、デビッドD.バーンズ、星和書店、2005 第4部 共に気分が良くなる方法:より良いコミュニケーションを通じてどうやって関係を強化するか 第18章 良いコミュニケーションと悪いコミュニケーション(p479-496) 引用:p480: 「 ~良いコミュニケーションには2つの特色があり…

続きを読む

もういちど自分らしさに出会うための 10日間―自尊感情をとりもどすためのプログラム―、デビッド D. バーンズ (自虐的思い込みの練習)(ぼくの骸骨の謎が解けた)

2016年12月7日(水) もういちど自分らしさに出会うための 10日間―自尊感情をとりもどすためのプログラム―、デビッド D. バーンズ、星和書店、2009 ステップ6 根本原因と取り組みましょう(p183-213)  自虐的思い込みの修正方法 引用:p202: 「 ~メリット・デメリット分析~あなたに以下のリストから自虐的思い込みを1つ選んでもらいます。 ~ …

続きを読む

もういちど自分らしさに出会うための 10日間―自尊感情をとりもどすためのプログラム―、デビッド D. バーンズ <垂直矢印技法練習>

2016年12月6日(火) もういちど自分らしさに出会うための 10日間―自尊感情をとりもどすためのプログラム―、デビッド D. バーンズ、星和書店、2009 ステップ6 根本原因と取り組みましょう(p183-213)  自虐的思い込みとは?  垂直矢印技法 引用:p194: 「 <垂直矢印技法練習>  否定的思考 1. もし教授に質問さ…

続きを読む

日記:自分内ひきこもりを脱出できるか・・・

 僕はずっと、自分の内側を作って、そこに沈潜し、自分内ひきこもりを続けてきた。  これは村上龍が言う、自分を見ている奴はバカだ、というのに該当すると思う。  作業所で引っ越しがあり、環境が激変し、自分内ひきこもりもできなくなりつつある。作業所が会社のようになった。2つの家に分かれていたのが一緒になって、大所帯になった。人間に揉まれることになった。  自分の思っていることや、内面とい…

続きを読む

『フィーリングGoodハンドブック』、デビッドD.バーンズ (受け入れる逆説)② 僕にとっての重要箇所

2016年12月4日(日) 『フィーリングGoodハンドブック』、デビッドD.バーンズ、星和書店、2005 第12章 自分の恐怖と闘って勝利する方法 受け入れる逆説  引用:p322-326: 「 (p322) ~ヘレンは、自分のパニックが恐ろしくて恥ずかしい秘密であるかのように感じています。私は、これに対して、172ページに出ている「恐れている幻想の技法」…

続きを読む

『フィーリングGoodハンドブック』、デビッドD.バーンズ (受け入れる逆説)①

2016年12月3日(土) 『フィーリングGoodハンドブック』、デビッドD.バーンズ、星和書店、2005 第12章 自分の恐怖と闘って勝利する方法  受け入れる逆説  引用:p319-326: 「 ~あなたの否定的な感情を受け入れる手助けをするということです。私はこれを「受け入れる逆説」と呼んでいます。~その本質的なメッセージは、あなたが否定的感情を…

続きを読む

『フィーリングGoodハンドブック』、デビッドD.バーンズ (プラスのイメージを描く) (気をそらすこと)

2016年12月2日(金) 『フィーリングGoodハンドブック』、デビッドD.バーンズ、星和書店、2005 第12章 自分の恐怖と闘って勝利する方法  プラスのイメージを描く 引用:p316-318 「 ~いったんこうした空想や幻想に気づけば、これらがあなたの恐怖と明白な結びつきをもっていることをあなたは理解するでしょう。こうした恐ろしい幻想を生み出しているのはあ…

続きを読む

『フィーリングGoodハンドブック』、デビッドD.バーンズ (本当の問題に向き合う)(僕の、父殺しの感情の明確化をしたい) 

2016年12月1日(木) 『フィーリングGoodハンドブック』、デビッドD.バーンズ、星和書店、2005 第12章 自分の恐怖と闘って勝利する方法  本当の問題に向き合う 引用:p326-332 「 ~何か悪いことを言いたくなってもそれを言うべきではないという人生観に沿って、あなたの家族は行動してきたかもしれません。その結果、どうしたら人々が問題をうまく処理することができ、…

続きを読む

『フィーリングGoodハンドブック』、デビッドD.バーンズ (抑圧された感情はどのようにしてあなたを不安にするのか)

2016年11月30日(水) 『フィーリングGoodハンドブック』、デビッドD.バーンズ、星和書店、2005 第11章 不安を理解する  抑圧された感情はどのようにしてあなたを不安にするのか 引用:p280-283 「 ~私は、(うつではなく)不安とパニックは抑圧した怒りから生じていると強く確信するようになりました。あなたはこうした感情を自分の心の外へと押し出して…

続きを読む

『フィーリングGoodハンドブック』、デビッドD.バーンズ (ステップ5:自分自身を褒めてあげる)

2016年11月28日(月) 『フィーリングGoodハンドブック』、デビッドD.バーンズ、星和書店、2005 第10章 先延ばしする人への処方箋  ステップ5:自分自身を褒めてあげる 引用:p266-268: 「 ~避けていた仕事をいったん始めたら、自分の努力を割り引いて考えるのではなく、代わりに、自分を褒めてあげることが重要です。心理面での報酬はあなたのやる気を向上させ…

続きを読む

『フィーリングGoodハンドブック』 第9章 どうして人は先延ばしするのか  6.「すべき思考」 

2016年11月27日(日) 『いやな気分よ、さようなら』、デビッド D. バーンズ、星和書店、1990 第十四章 中ぐらいであれ! p388 1.全か無か思考  僕は今日はみんなに仲間に入れないと思って、ずっとそうだし、これからもそうだと思い、落ち込んだ。 1.合理的な考え方  仲間どうとかいうのはそうかもしれないが、nuno-zoriの鼻緒つけを2つこなした。そんなに調…

続きを読む

『いやな気分よ、さようなら』、デビッド D. バーンズ (強制を伴わない動機)不完全燃焼だった

2016年11月26日(土) 『いやな気分よ、さようなら』、デビッド D. バーンズ、星和書店、1990 第五章 虚無主義:いかにして克服するか  強制を伴わない動機づけ 引用:p115-117: 「  ぐずぐず主義の元は、不適切な動機づけにあります。やる気をすっかり奪ってしまうような「~ねばならない」「~すべきだ」という言葉で自分を追い詰め、本当にすべきことを知らず知らずの…

続きを読む

『いやな気分よ、さようなら』、デビッド D. バーンズ (一歩ずつ成長へ)

2016年11月25日(金) 『いやな気分よ、さようなら』、デビッド D. バーンズ、星和書店、1990 第五章 虚無主義:いかにして克服するか 一歩ずつ成長へ 引用:p113-115 「 簡単かつ確実な自己成長法として、どんな仕事も小さな部分に分解してみることを学ぶという方法があります。これは、やらなくてはならないことを躊躇して自分自身を打ちのめしてしまう癖を予防し…

続きを読む

『いやな気分よ、さようなら』、デビッド D. バーンズ  (チック―タック法)

2016年11月24日(木) 『いやな気分よ、さようなら』、デビッド D. バーンズ、星和書店、1990 第五章 虚無主義:いかにして克服するか チック―タック法 引用:p110~113: 「 (p110/113) ~  たとえば、仕事仲間にスピーチをしなくてはならないとします。言うことを忘れてしまったり質問されて立ち往生する場面を想像するので、何週間も前から…

続きを読む