ACT(アクト)をはじめる p124 まで

2017年1月10日(火)

ACT(アクト)をはじめる―セルフヘルプのためのワークブック、スティーブン・C・ヘイズ、スペンサー・スミス、星和書店、2010

第6章 マインドと<あなた>(中編)
 買ってはいけない


p117~
エクササイズ 「お茶」ということばをできるだけ速く言ってみましょう

繰り返し お茶 といったら、 お茶お茶お茶 なのだけれど、チャオチャオチャオ になってしまった。ただの口の運動になった。




引用:p118:「~一時的にことばの意味が消失します。そもそも、ことばは単なる音であり、感覚なのかもしれないと気づくことは、~」




(kurage0147130): ダメだ→無能    
つらくなるのは50/100
信じられるか 80/100

 無能無能無能 ノウムノウムノウム になる。(早口) 
つらさは 40/100
信じられるか 50/100





引用:p120:



~あなたは、今もこれらのことばの意味を知っています。しかし、多くの場合、そのことばの情動的な機能が低下します。より専門的に言えば、ことばの派生的な機能が弱まり、直接的な機能(たとえば、「どのような音がするか」)がより際立つようになったのです。つまり、ことばが単なる音の集まりとしてのコトバ(少なくとも幾分は)になったわけです。

♦思考が生みだすもの
 先のエクササイズの大切なポイントは、このエクササイズがことばの本質の理解に大いに役立つという点です。何についてであれ、ことばは単なるコトバであるにすぎません。この点をあなたが理解し、スキルを積極的に利用して、発展させようとするなら、ことばと苦痛、そして人生が、どのように関係しているのかを理解し、修正することが簡単になります。そうでないと、あなたはなす術(すべ)もなく、頭の中で起動しているマインドにからめとられてしまうでしょう。突き詰めて言えば、あなたは、「マインド」があなたに投げかける多くのことばが、どこからやってくるのかを本当に知っていますか。






p121
(kurage0147130) :
世界に一つだけの 愛
ホップ、ステップ、 ジャンプ
犬も歩けば 棒にあたる


世界に一つだけの 愛
花と考えてはならないと、言われ、書くように言われたけれど、愛と書いた。でも難しい課題だと思う。これが伏線となって続く。






引用:p121~:



~でも残念。実は、そうした思考が、まさにあなたが「花」について考えていた証(あかし)なのです。
 このゲームが示しているのは、一度、あなたのヒストリー(個人史)が関係性のネッ

(p122)
トワークを構築したら、その後は同じネットワークに思考を付け足していくことしかできないということです。ネットワークを消去することはできないのです。私たち人は、自らのヒストリーによって作られる生き物です。そして、人の一瞬一瞬は、そのヒストリーを積み上げていきます。
人の神経システムは引き算ではなく、足し算によって作用しています。一度、学習したものは多少の差はあれ、その人の一部であり続けるのです。言語的なネットワークの中に組み込まれたことばが、人のマインドを構成しています。

通常、それらはネットワークの中に存在しています。私たちが、ネットワークから排除しようとして、それらをどこかに放り投げようとしても、ネバネバした粘着テープのようにくっついて離れようとはしません。

 もし、「世界に一つだけの花」のように、単にネットワークの中にことばが存在しているだけなら、大きな問題はないでしょう。しかし、ことばはいつもそう無害だとは限らないのです。






(kurage0147130):

私は、よい人間ではない。私は、    ダメ   だ。
私は、自分がただの  無能   だと思うと悲しい。
自分について一番、最低だと思うのは、私が   ダメ    ということだ。




引用:p123:



~生涯にわたって続く関係ネットワークはいとも簡単に作られます。しかし、あなたのヒストリーの一部に傷がつくと、あなたのマインドにもすぐに同じ痛みが生まれ、マインドの傷は一生にわたって残ることになります。頭の中にあることばのいくつかは、「本心では、私は___が怖い」というようなネガティブな評価かもしれません。

あなたが今、考えた空欄に入ることばが、どこからやってきたのかかわるひとがいるでしょうか。自分の親から? テレビから? 本から? それともことばのロジックそのものから?しかし、もし、あなたが一番つらい考えに苦しみながらも、それと同時に、あなたをつらくさせることばを単なるコトバとして見ることができたなら、あなたにとって、世界はまったく違うものになるでしょう。~


~『お茶』と言う」エクササイズは、一瞬~、ことばの幻想を破るものでした。しかし、もっと練習をすれば、あなたはことばのネットワークに取り込まれて動けなくなった自分を、いつでも解放するスキルを身につけることができるのです。~

し ば り を緩める役目を果たします。        





p124
エクササイズ あなたの考えにラベルを貼ってみましょう

(kurage0147130) :

・私は、若い女性と心美人に興味がある、という考えがある。
・私は、女性が欲しい という感情がある
・私は、女性と付き合ったという体験がない、という記憶がある
・私は、股間が熱くなる という身体の感覚がある
・私は、女性に二股をかけるという傾向がある。


p124 までで、今日は終了。ありがとうございます。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック