ACT(アクト)をはじめる 2016/01/06(Fri)



2017年1月6日(金)

 始める前に、昨日からの続き。

「苦痛日記」

7 00 – 8 00  父を憎らしいと思った。思えた。
8 00 – 9 00  逃げたい、苦しい。
9 00 – 10 00  首を伸ばす、伸びたか。(作業所へ行く前の体操)
15 00 – 16 00 20代の女性が気になり、いつもの、ペニスを思い浮かべ対抗した。抑圧しているので有効な気がする。





ACT(アクト)をはじめる―セルフヘルプのためのワークブック、スティーブン・C・ヘイズ、スペンサー・スミス、星和書店、2010

第5章 マインドと<あなた>(前編)
 マインドと「距離:をとる?!

p109/110
エクササイズ マインド・トレインをただ観察する

引用:p109:「 ~あなたが鉄橋の上に立って、3本の線路を見下ろしているところを想像~

「左側の列車」が積んでいるのは、あなたが意識している感覚、知覚、情動です。
たとえば、耳に入る音や、汗ばんだ手のひら、ドキドキする鼓動、わきあがる悲しみ~


~「真ん中の列車」は、あなたの思考~
たとえば、評価、予測、自己の概念~


~「右側の列車」は、あなたの衝動を積んでいます。
たとえば、何かから目をそらし、何かを避けたいという欲求、話題を変えようとする努力などです。

~この3台を見下ろすことは、「あなたのマインドをただ観察する」ということを比喩的にあらわし~

p111

右側の列車:衝動:この列車の線路が一番太い、逃げ出したい、逃れたい、追い立てられる

左側の列車:感覚、知覚、情動:2番目に太い線路、焦って追い立てられているので、ドキドキし、先を急ぎ、あわてふためいている。

真ん中の列車:思考・評価、予測、自己の概念:今回室内でやったので、自分の部屋だったので、この列車は走らなかった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445637509

この記事へのトラックバック